シルガード9(9価HPVワクチン)|神戸市東灘区住吉のやました皮フ科クリニック

シルガード9(9価HPVワクチン)

子宮頸がんの原因ウイルスHPVは多くの種類(型)があり、がんの原因となる種類は「ハイリスク型」として知られています。
『サーバリックス』と『ガーダシル』はハイリスク型の中でも子宮頸がんの原因として頻度の高い16型、18型に対して感染予防の効果があります。
日本では16/18型の2つが子宮頸がんの原因の60-70%を占めると言われており、この2つの型に対しては『サーバリックス』と『ガーダシル』で予防効果の差はないとされています。

当院の定期接種で使用している『ガーダシル』は更に良性疾患である尖圭コンジローマの原因となるHPV6型、11型に対しても感染予防効果があります。
予防可能なHPVの種類の数によって、サーバリックスは2価ワクチン、ガーダシルは4価ワクチンと呼ばれます。

一方、日本では2021年に販売開始となった『シルガード9』は9価ワクチンで、『ガーダシル』で予防できる6/11/16/18型に加え、31/33/45/52/58のHPV型に対しても感染予防の効果があります。『サーバリックス』、『ガーダシル』が子宮頸がんの予防効果が60-70%であるのに対して『シルガード9』は90%以上の予防効果をもつことが期待できます。
いずれにしても子宮頸がんを100%予防することはできませんので、子宮頸がん検診を受けていただくことは重要です。

現在、定期接種で使用できる子宮頸がんワクチンは『サーバリックス』と『ガーダシル』のみとなっており、『シルガード9』の接種を希望される場合は自費での接種となります。

当院での接種について

お電話での予約となります。
接種料金 1回あたり27,500円(税込)
※3回接種が必要です。

シルガード9の接種にあたっては、ワクチンQダイアリーへの登録と入力が必要になります。
お電話にて予約後、ワクチンQダイアリーより受診前に登録をお願い致します。

登録時に接種するクリニックのコードを入力する必要がありますので、下記のコードをご入力ください。
接種医コード:1704-0210-0067-0835

※ワクチンQダイアリーの登録のみでは予約にはなりませんので、必ずクリニックまでお電話ください。

TOP