Qスイッチアレキサンドライトレーザー|神戸市東灘区のやました皮フ科クリニック(JR住吉駅直結)

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザー ALEXⅡ

Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、「アレキサンドライト」という宝石を使用した、瞬間的に高いエネルギーを照射できるレーザーです。1億分の数秒という、極めて短い時間で照射されるため、高いエネルギーであっても、肌に対するダメージはとても少なくて済みます。

このレーザーの持つ755nmの波長は、メラニン色素に吸収されやすいという特性があるため、皮膚のメラニン色素にだけレーザーが吸収されて熱ダメージを与え、徐々に色を薄くしてことができます。

レーザーでメラニンを破壊させるため、ほんの一瞬、輪ゴムではじかれたような痛みが生じます。その後、照射した部位はしみなどの色素性病変の色が濃くなり、痂皮(かさぶた)ができ、1~2週間後には自然に剥がれて、病変部の色は薄くなっていきます。例えばしみの場合なら、ほとんどは1回の照射で改善しますが、2~3回の照射が必要なケースもあります。

当院では、米国キャンデラ社の革新的なレーザー技術から生まれた最新型のQスイッチアレキサンドライトレーザー「ALLEXII」を導入しております。

症 例

  • 生まれつきのアザ
    症例1

  • 症例2
  • 日焼けによるシミ
    症例3

適した治療

  • しみ、そばかす、ほくろ
  • 脂漏性角化症
  • あざ、太田母斑
  • 異所性蒙古斑
  • 刺青・アートメイクの除去

※太田母斑と一部のあざは保険適応となります。

TOP