皮膚科|神戸市東灘区のやました皮フ科クリニック(JR住吉駅直結)|湿疹 かぶれ アトピー 保険診療

一般皮膚疾患

一般皮膚疾患では、保険診療を中心とした一般皮膚科診療を行っています

一般皮膚疾患

皮膚のかゆみ、かぶれ、湿疹、肌荒れなど皆さんも一度は皮膚のトラブルに悩まされたことがあるのではないでしょうか?

皮膚に病変が現れるのが皮膚病ですが、実にたくさんの種類があります。
原因もさまざまで、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、極めて多様です。

その一つ一つを皮膚科専門医として正確に診断し、原因や治療法についてわかりやすく説明をさせていただき、十分ご理解を頂いた上で治療を開始いたします。

皮膚疾患の中には、根気よくつき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。
これらは、適切なスキンケアと軟膏などによる外用療法、内服療法、生活習慣の見直し等を行うことによって、より良い状態を保つことができます。

当院では、地域の皆様の皮膚専門のかかりつけ医として、皮膚のトラブルと上手につき合うお手伝いをいたします。また、重度の皮膚疾患など症状に応じて病院での治療が望ましいと考えられる際は、大学病院など適切な病院へご紹介をいたします。

どんな皮膚のお悩みも、気軽にご相談ください。

受診される方に多く見られる疾患

湿疹

皮膚科を受診される患者様に、とても多く見られる症状です。ブツブツや小さな水泡、赤みなどが混ざって現れ、痒みも伴いがちです。 原因として考えられるものには、自己免疫(自分自身に対する免疫反応)や食べ物アレルギー、ダニ、ハウスダスト、薬疹、ウイルスなどがあります。湿疹・かぶれなどは痒みを伴うことが多いため、ついつい掻いてしまいがちです。しかし、掻いて治ることは無く、むしろ掻くことによって患部を掻き壊してしまい、化膿や悪化を招き、患部が拡大してさらに痒くなる、という悪循環に陥ることが少なくありません。痒みや炎症を抑える薬を上手に使い治療を行います。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。痒みが強いのですが、掻くとさらに悪化し、悪循環を招きますので、治療によって痒みを抑える必要があります。

喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。

アトピー性皮膚炎の治療にあたっては、皮内反応や血液検査などで原因をよく調べた上で、外用薬のステロイド剤、免疫抑制剤、保湿剤などを用います。

かぶれ

かぶれ

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。原因となる外的刺激が特定されている場合に、こう呼ばれます。原因が明らかな場合は通常、「うるしかぶれ」「おむつかぶれ」など、原因物質の名前を頭につけて称されます。

原因が明確にならない場合は、「パッチテスト」を行います。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。

にきび

にきび

にきびは身近な皮膚疾患ですが、顔にできやすいため、気にする人が多いものです。

にきびの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、にきびの元となるにきび菌は増殖していき、症状を悪化させます。

大人のにきびは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、様々な要因が複雑に絡み合ってできることが多く、治りにくいのが特徴です。

治療にあたっては、ニキビの種類と重症度を判断し、塗り薬や内服薬を使います。
ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡」というれっきとした皮膚疾患です。にきびができると気分的にもすぐれず、日常生活に影響が及んできます。また、にきびのケアが不十分だと「にきび痕」が残ってしまうこともあります。にきび症状が続くようなときは、放置せずにご相談ください。

水虫

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が足の皮膚に入り込んで発症する疾患です。白癬菌の増えやすい夏に症状の悪化がよく見られるのが特徴で、足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。

趾間型は、足指の間の皮膚がふやけたように白く濁り、痒くなるのが特徴です。
冬は症状が治まりますが、夏になると再発し、2次的に細菌感染を併発しやすいタイプです。

小水疱型は、土踏まずや足の縁などに小水疱が多発します。これも夏に悪化し、痒みを伴います。

角質増殖型では、足の裏から縁にかけての広い範囲で皮膚が厚くなり、冬のほうが、乾燥でひび割れ等を起こしやすくなります。 治療は病態に応じて、塗り薬や内服薬を使います。

虫さされ

虫さされ

虫さされ(虫刺症)では、虫にさされた直後から翌日以降に、その部分が赤く腫れたり、水ぶくれになったり、しこりになったりします。特に小さいお子さんは、腫れやすいものです。

虫さされに気づいたら、まずはその部分を流水でよく洗い流します。また、虫の針などが残っていないかをよく観察し、セロハンテープなどで取り除きましょう(無理に除こうとすると、かえって深くささってしまうこともあるので、可能な範囲で行います)。

皮膚科の治療では、ステロイド軟膏を短期間外用します。腫れや痒みが強い場合は、抗アレルギー薬を服用します。
痒いからといって患部を掻き壊すと、とびひになったり、治りにくい痒疹(痒みのある硬くなった皮膚)になることがありますので、きれいに治すためにも、皮膚科への受診をお勧めいたします。

ほくろ(母斑)

ほくろは、正式には色素性母斑と言い、皮膚の一部にメラノサイトという色素細胞が集まったものです。
ほくろは皮膚悪性腫瘍、特に悪性黒色腫との鑑別が大切です。悪性黒色腫はリンパ節に転移しやすく、進行の速いことが多いため、怖れられています。

短期間で急に大きくなったり、色が濃くなったり、色素が周囲の皮膚に染み出してきたり、硬化してきたような場合は、注意が必要です。
気になるほくろが見つかったら、早めに皮膚科を受診しましょう。検査の結果、もしも悪性の疑いがあれば、手術が必要です。単なるほくろであって、悪性の疑いが無ければ放置して構いませんが、本人の希望があれば切除いたします

いぼ

いぼは、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症する腫瘤で、いじるとどんどん増える傾向があります。人から人にも、うつります。

いぼができたからと言って、自分で引っ掻いて治そうとすると、かえってウイルスを撒き散らしてしまう可能性がありますので、いぼを見つけた際には、数が少ないうちにご相談ください。イボの治療法には、液体窒素療法、内服療法、外用療法などがあります。

円形脱毛症

自覚症状などが何も無く、ある日突然、頭にコイン大の丸いはげが生じる疾患です。はげは一ヶ所とは限らず、多発することもあります。時には頭全体の毛が抜けたり、全身の毛が抜けたりすることもあります。原因は成長期にある毛包(毛根を包む組織)がリンパ球の攻撃を受けて壊されてしまうからであり、毛包を標的にした自己免疫疾患と考えられています。したがって、リンパ球の攻撃が抑えられれば、元通りの毛が生えてきます。かつては、精神的ストレスが主な原因と考えられていました。確かに何らかのストレスがかかった時に脱毛が始まる人もおられます。しかし、多くはストレスと関係無く発症します。円形脱毛症の頻度は人口の1~2%と推測され、男女差は見られません。

脱毛斑の少ない場合は、ほとんどが自然に治ります。しかし、広い範囲で抜けているケースほど脱毛は長引き、数年以上にわたって続くこともあります。ただし、たとえ何年も脱毛が続いても、毛包の大元の細胞(幹細胞)は残っていますので、治療がうまく効を奏すれば、毛髪は戻ってきますし、時には自然の経過で生えてくることもあります。つまり、リンパ球の炎症が抑えられさえすれば、成長期の毛包は回復するのです。

治療法は、病気が始まってからの期間と脱毛面積などに応じて決められます。ステロイドなどの外用療法やグリチルリチンなどの内服療法、ステロイドの局所注射、脱毛部をドライアイスで冷却する方法、ステロイドの内服療法などが知られています。

当院では保険診療が可能な紫外線療法「ナローバンドUVB」を導入しています

ナローバンドUVB

当院では、ナローバンドUVB紫外線療法を導入しております。 この光線治療は、太陽光に含まれる紫外線(UVA、UVB、UVC)のうち、皮膚治療に有効性が確認された波長域(311±2nm)を持つ紫外線を照射する方法です。

ナローバンドUVB紫外線療法なら、皮膚を赤くしたりやけどさせたりする300nm以下の有害な波長をカットした紫外線をごく短時間だけ当てるため、副作用を大幅に少なくすることが可能で、安全かつ効果的な紫外線治療が行えます。具体的には、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症などの治療に、とても効果的です。

当院では米国で最も多く使用されているダブリン社製のナローバンドUVB紫外線照射装置を導入しています(半身用タイプ ダブリン7シリーズ)。半身用なので、効率良く照射ができます。

また、下記の治療には、健康保険が適用となります。

  • 尋常性白斑
  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • アトピー性皮膚炎、
  • 慢性苔癬状粃糠疹(類乾癬)
  • 菌状息肉症

TOP